事業資金の融資を受けて経営安定化|ローンを活用して上手に資金繰り

銀行融資の基本です

説明

商流が把握できます

手形割引は銀行融資の基本的な形態であって、広く一般的に利用されています。決済期日まで現金化できない手形を銀行に買い取ってもらうことで現金化する仕組みが手形割引です。銀行にとっては商流の確認が容易です。割引を依頼する取引先が手形の振出人に対して商品やサービスを提供して、その対価として手形を受け取っていますので、取引先の事業内容と手形の振出人の妥当性を照合することによって、商流を確認することが可能であって、これを手形成因と呼びます。また、銀行にとっては手形が担保になっている融資ですので、無担保融資よりも取り組み易いと言えます。手形の振出人の信用度が高い場合には銀行にとって安全な融資ということになります。

伝統的な融資手法です

手形割引は手形の流通量の減少に伴って減少傾向にありますが、伝統的な融資手法であり、広く利用されています。決済手段の多様化、手形の印紙代節約などの観点で手形の流通量は減少しています。しかし、手形割引は無担保融資と比べると銀行にとって安全な融資であることから、金利負担も少ないことが多く、活用されるケースが多いのです。手形割引の金利を割引料と呼んでおり、手形の額面金額から差し引いて預金口座に入金されます。銀行は手形の決済期日までの日数分の金利を先取りするのですが、期日が近い手形であれば金利負担も少なくなります。手形の期日を確認しながら手形割引をすることによって、融資取引の金利負担も軽減できますので、今後も安定的に利用されることは確実です。