事業資金の融資を受けて経営安定化|ローンを活用して上手に資金繰り

上限金利を比較して借りる

お金

下限金利は今後低くなる

消費者金融や銀行で取り扱っているカードローン商品ですが、今後金利は低くなっていくことが予測されます。ただし、それは下限金利についてです。下限金利とは、4.5%〜14.8%といったようにカードローンの金利情報が記載されていますが、低い金利のことを指します。この下限金利は、年々低くなってきています。さまざまな理由がありますが、融資できる最大限度額が増えたり、他社との比較のために低くなってきています。しかし、上限金利については一貫して変更はないです。はじめて申し込みをする人は、下限金利ではなく上限金利を比較して申し込みをしたほうが、低金利なカードローンに申し込みをすることができます。下限金利での低金利は既存顧客向けの金利です。

銀行のローンが有利

カードローンを低金利で利用するなら、消費者金融よりも銀行カードローンのほうが低金利です。消費者金融の場合、ほとんどが18.0%〜の金利設定となっています。銀行カードローンは、14%〜となっていますのでその分同じ金額を借入したとしても利息の負担が少なくて済みます。また、申し込みに際してですが運転免許証等の本人確認できる書類が1点あれば申し込みできます。総量規制の適用がないカードローンですので、収入証明書も原則不要です。かつては審査が早い消費者金融、審査が遅い銀行といったイメージがありましたが、現在では即日融資に対応している銀行カードローンも増えてきていますので、審査スピードに差がなくなりつつあります。